自然の恵み、それが私たちの原点です。

岡山県備前市。
加藤忍九郎がこの地でろう石を使った石筆事業を開始したのが、今から100年以上前。
以後、私たちはろう石とともに成長してきました。

ろう石は耐火材、化粧品、製紙、陶磁器などの原料として使用されており、産業や生活の幅広い分野で活躍しています。 備前で生まれたこの鉱工業を基盤とし、当社は昭和43年、鉱物を媒介とする 事業を歩むべく設立されました。

鉱産物をさまざまな産業ニーズへ直結。
それがエイワ・ライジングの第一歩でした。

あらゆるニーズに即応した供給体制 - エイワ・ライジングの特徴は、伝統の鉱工業を原点としながらも、原料開発、用途開発の双方から様々な可能性を追求する企業姿勢である、といえます。
そのためには、第一に国内外の原料ソースを幅広くカバーすること、第二に高度な加工技術、第三にワールドワイドな視点に立った情報収集が必要となります。 エイワ・ライジングはこの3つの機能を最大限に生かし、幅広い産業界に貢献、 成長してきました。

より大きな視野と広範な技術。新たな分野への積極的なチャレンジです。

時代は今、刻一刻と変化しています。 産業界における技術革新の波は著しく、ニーズも複雑、多様化してきています。
このような市場環境を的確に把握、予測し、グローバルな視点から関連市場、新市場さらにはリサイクル等の環境事業にも積極的にチャレンジしています。